うま吉の一口馬主奮闘記

シルク・キャロット・レッドで一口馬主として奮闘中。

インビジブルレイズ(シルクレーシング)

スポンサーリンク

f:id:menfuku18:20170402112423j:plain

インビジブルレイズ 出走情報

2017年8月27日 小倉7R 3歳上500万下 芝1800M

6枠12番 松山弘平騎手 2番人気1着

見事、2勝目をあげてくれました。プラス14㎏だったので動けるかな?とも思ったのですが良いスタートを切ると前目の3番手で進んで4コーナーでは抜群の位置へ。あとは追うだけという良い競馬でした。少し抜け出してからソラを使っていた感じはありますがそれにしても快勝です。今回は浜中騎手から松山騎手に乗り替わりと言うことで前目での競馬を期待していたのです、期待通りの良い騎乗でした。

これで4つのコーナーと1800Mと2つの課題をクリアしたわけで今後の選択肢も広がったと思います。次は1000万下になりますが良い勝負出来るくらいの勝ちっぷりだったと思います。次も頑張って是非オープンまでいって欲しい。

好スタートを決めると、道中は先行馬を見ながら3番手辺りを追走、持ったまま先頭に並びかけ、最後の直線で追い出しに掛かると後続馬を寄せ付けること無くゴールし、待望の2勝目を挙げています。

・松山弘平騎手

スッとスタートを決めることが出来ましたし、ムキになって走るところも無くスムーズに追走することが出来ました。道中は終始楽な手応えでしたし、流れが速くなったところもスッと上がっていくことが出来ました。最後の直線も反応良く伸びてくれましたし、完勝の内容だったと思います。今回の内容なら距離は問題ないでしょうし。上のクラスでもいい競馬をしてくれると思います。

・吉村圭司調教師

馬体増は成長分もあったと思いますが、少し余裕を持っての出走となりました。今回は初めての距離でしたし、それに加えコーナーが4つと未知なところがありましたが、久々のレースでもムキになること無く、折り合ってスムーズな競馬が出来ました。2着馬よりは前でレースを運びたいと思っていましたが、スタートが良く、理想の形で競馬が出来たので最後まで安心して見ることが出来ましたね。

今回の内容なら昇級しても良い競馬をしてくれるでしょうし、距離も対応してくれたことで番組の選択肢が増えましたから今後がますます楽しみになりました。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で検討するつもりですが、ダメージの少ないレースだったと思いますし、変わりが無ければこのまま続戦させたいと考えています。

インビジブルレイズ 現状

インビジブルレイズの近況はこちらです。

ノーザンファームしがらき

2017年6月23日

現在の馬体重は495㎏。

前回、出走時の馬体重が464㎏なので

かなりゆっくり休養出来ているのだろう。

ちょっと厳しい競馬もしたので休んで欲しい。

 

今は、坂路ハロン18秒で乗り始めたくらいですが

体調は良いようです。

調教師からはこのまま状態が変わりなければ

小倉開催後半辺りで復帰させる予定みたい。

 

小倉だと1200Mか1800Mか?なので

次回は1800Mを試してみるのだろう。

ただ、そんなに器用なタイプにも感じないから

小回りコースがどーなんかなぁって感じもするが。。。

2017年6月30日

小倉開催の後半で復帰と聞いているので徐々にペースを上げています。

良い状態を保っていますしいつでもペースを上げる体力も付いています。

恐らく1800Mを使うことになると思うので普段の調教から出来るだけ

リラックスさせながら距離に対応出来るように調整していきます。

馬体重は496㎏です。

2017年7月7日

暑さの影響も無く順調そのものです。

小倉開催後半まで時間はあるので帰厩の予定が決まるまで

成長を促しながら乗りこんでいきたいと思います。

普段から落ち着きがあって素直な馬なので折り合い面も問題はありません。

心身ともに成長してくれればよりスムーズな競馬が出来ると思います。

馬体重は505㎏です。

2017年7月14日

この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。

小倉開催後半を予定しているので、今からペースを上げていけば

良いタイミングで帰厩させることが出来ると思います。

体調面は暑さの影響もなく、元気いっぱいなので今の状態を維持させながら

調教を継続していきたいと思います。

馬体重は507㎏です。

2017年7月21日

この中間も順調そのもの。馬体も引き締まってきましたし

調子も上向く一方です。

早ければ2~3週間後に帰厩するかもしれないので

いつ声が掛かっても良いように態勢を整えていきたいと思います。

馬体重は511㎏です。

2017年7月28日

この中間も坂路でハロン15秒の調教を継続していますが

順調に動きは良くなってきていますし暑さの影響も全く感じられません。

吉村調教師からいつでも戻せるようにピッチを上げて欲しいと指示が出ているので

週2回しっかり負荷を掛けて帰厩に備えていきたいと思います。

馬体重は514キロです。

2017年8月3日

栗東トレセンに帰厩しました。

3日の検疫で帰厩しました。放牧先ではだいぶピッチを上げてもらっていましたので、こちらで仕上げに入ればすぐ態勢が整うでしょう。

これまでワンターンの競馬しか経験していないので、コーナーが4つの競馬でどれだけやってくれるか確認したいので8月27日の小倉・芝1800mで復帰させたいと思います。

吉村圭司厩舎

2017年8月6日

助 手 8. 6栗坂良 53.6- 38.6- 24.6- 12.1 一杯に追う

2017年8月10日

助 手 8.10栗坂良 53.3- 38.2- 24.3- 12.1 一杯に追う

10日に坂路で追い切りました。

前半の馬場が良い時間帯だったので、時計は出やすかったというのもありますがラスト一ハロンはもう少しで12秒を切るところでした。

追い出してからの反応は抜群でしたし、帰厩後2本目の時計としては上々の内容でした。

これだけしっかり動ければあと2週間あれば十分態勢が整うでしょうから、8月27日の小倉・芝1800mで復帰させたいと思います。

ジョッキーは松山弘平騎手にお願いしています。

2017年8月14日

助 手 8.13栗坂良 56.0- 40.1- 25.8- 12.7 馬なり余力

2017年8月16日

助 手 8.16CW不 83.7- 68.0- 52.9- 38.2- 12.1[7]一杯に追う
  ストロベリーハーツ(三未勝)一杯の内を1.0秒追走クビ先着

16日にCWコースで追い切りました。

先着し、時計もまずまず出ていますが、良い頃の動きから比較するとまだまだですね。

馬体に余裕があるために息遣いも一息ですし、もうひと絞り必要だと思います。

休養明けなので目一杯に仕上げるつもりはありませんが、週末と来週の追い切りで8分程度まで仕上げたいところです。

2017年8月18日

助 手 8.18栗坂重 67.0- 46.9- 29.6- 14.3 馬なり余力

2017年8月21日

助 手 8.20栗坂良 55.8- 39.5- 25.9- 12.7 馬なり余力

2017年8月23日

松 山 8.23 CW良 82.9- 66.4- 52.5- 38.5- 12.1[6]馬なり余力
  ストロベリーハーツ(三未勝)馬なりの内を0.6秒追走3F併0.3秒先着

なかなか良いタイムですね。少しは状態が上がってきたかな。

・吉村調教師

23日にCWコースで追い切りました。松山騎手に感触を確かめてもらったところ、まだ余裕のある体つきをしていますが、動きは悪くなかったと思います。このひと追いでピリッとしてくると思います。と言っていました。

先週はもう一つ動きが良くなかったことから、今週の動き次第ではもう1週待つことも考えていましたが、確かに馬体に余裕があるものの、今回の追い切りと小倉までの移動でいい体つきになってくれると思います。

これまで1600Mまでしか経験したことが無く、コーナー4つも初めてなので、どれだけ対応してくれるかが鍵になると思いますが、上手く折り合ってスムーズな競馬が出来れば対応していいレースをしてくれると思っています。

2017年8月25日

助 手 8.25栗坂良 65.6- 46.7- 29.7- 14.4 馬なり余力

2017年8月30日

レース後は背腰に軽い筋肉痛の症状が窺えますが、今週いっぱい楽をすればすぐ治まると思います。獣医師に心臓をみてもらいましたが、レースで頑張った感じがすると言っていたので、馬体に余裕があった分、見た目以上に苦しいところがあったのかもしれません。明日か明後日あたりから軽めに乗ってみて、変わりが無ければこのまま続戦させる予定です。次走に関しては中2~3週は空けたいと思っていたので、その中で番組を調べたところ、9月24日に阪神・甲東特別があるのでそこを本線に考えています。

2017年9月6日

・吉村圭司調教師

前走後もいい状態を保っていますし、太目だった馬体もだいぶ引き締まってきました。週末あたりから時計を出しはじめ、来週から仕上げに入って行きたいと思います。ジョッキーは前走に引き続き松山騎手にお願いしています

2017年9月11日

助 手 9.10栗坂良 59.4- 43.5- 28.7- 14.7 馬なり余力

2017年9月14日

担当助手「前走は少し余裕のある体つきで復帰しましたが、一度レースを使ったことで、メリハリのある好馬体になってきました。仕上がりに関しては言うことないぐらい自信がありますが、左トモの飛節後腫が少し大きくなってきたので、14日に獣医師に治療してもらいました。週末から乗り出しを再開する予定なので、このまま状態が悪くならない限り、予定している甲東特別に向かいたいと思います」

2017年9月19日

助 手 9.18CW不 53.7- 38.4- 12.4[8]馬なり余力

左トモの飛節後腫の状態が今一つなため、大事を取って今週の出馬投票は見送り、20日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。うーん、残念orz

2017年9月20日

ノーザンファームしがらきに放牧へ出ました。残念だけどしっかり直して復帰に備えて欲しい!

・吉村圭司調教師

16日と17日に坂路で普通キャンターを行い、18日に坂路で時計を出しました。ただ、調教後に左トモの飛節後腫の状態を確認したところ、少し熱感があることから、ここは無理をさせない方が良いと判断し、甲東特別に登録を行いませんでした。このまま厩舎でズルズル調整するよりは、一旦放牧に出して立て直す方が回復も早いと思いますので、20日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。

クレバースプリントの14

父:ハーツクライ

母:クレバースプリント

所属厩舎:栗東・吉村圭司厩舎

性別:牡

毛色:鹿毛

誕生日:2014.04.28

生産者:アイオイファーム