うま吉の一口馬主奮闘記

シルク・キャロット・レッドで一口馬主として奮闘中。

東京ホースレーシング 2017年 一口馬主募集について

スポンサーリンク

f:id:menfuku18:20170315130947j:plain

2017年 一口馬主 募集馬について

2歳馬のデビューが始まって2ヶ月。

やっと我が愛馬たちもそろそろデビューかなぁ

と、楽しみにしているが。。。

 

もう2017年の募集(1歳馬)が開始orz

そういう時期か。

今年も

「シルクレーシング」

「キャロットファーム」

「東京ホースレーシング」

この3つのクラブで数頭買いたいと思います。

 

そして、うま吉と言えば「Target」

つまりデータ分析。

当然、一口を買う参考にしています。

今年、各クラブでどういう点に注目して

投資する馬を選んでいるのか?を解説してみました。

 

東京ホースレーシング 2017 募集馬についての分析

2017年の募集馬は1頭取りやめがあって「全32頭」

美浦の厩舎へ13頭。

栗東の厩舎へ19頭。

牡馬15頭。

牝馬17頭。

の、ラインナップ。

去年までと圧倒的に異なるのが・・・

「ノーザンファーム生産馬」の多さ。

2014年産は「6頭」

2013年産は「8頭」

2012年産も「8頭」

でしたが

今年2015年産は何と「14頭」

 

この辺りをうま吉。はどう分析するのか?

動画を撮りましたのでご覧下さい。