うま吉の一口馬主奮闘記

シルク・キャロット・レッドで一口馬主として奮闘中。

ジーナスイート(シルクレーシング)

f:id:menfuku18:20170218144032j:plain

ジーナスイート 出走情報

2017年11月4日 東京6R メイクデビュー東京 芝1600M

3枠3番 戸崎圭太騎手で出走して2番人気1着。

まずまずのスタートからスッと行き脚を付けて、道中は半馬身ほどのリードを保ってレースを先導、そのままの隊列で直線に向き、残り300m付近から追い出しに掛かると、内から脚を伸ばしてきた2着馬を半馬身振り切り、見事にデビュー戦を勝利で飾っています。

戸崎圭太騎手「返し馬からいいフットワークをしていましたし、自信を持ってレースに挑みました。ゲートは入りがあまり良くないと聞いていて、先入れになりましたが、大人しく入ってくれましたし、ゲートの中でも特に問題はありませんでした。スタート後もスッと行き脚が付いて、他に行く馬がいなかったので逃げる形になりましたが、道中は少し物見をしていてフワフワしたところを見せていました。それでも直線で促すとしっかりと脚を使ってくれましたよ。折り合いも問題ありませんでしたし、フットワーク的にも距離はもう少し延びても対応できると思います」

矢作芳人調教師「ありがとうございました。調教の動きが良かったですし、急遽東京で出走させていただきましたが、結果を残すことが出来てホッとしています。心配されたゲートも今日はスムーズに入ってくれました。ただまだこの時期の牝馬らしく線が細い印象ですし、東京までの輸送で馬体重が減ってしまっていました。馬体的にも気性的にもしっかりしてくるまでは、間隔を空けながら使っていってあげた方がいいと思いますし、この後は放牧に出させていただきたいと考えています」

・うま吉見解

いやぁ、まさかの新馬勝ちをジーナスイートがしてくれるとは。この馬こそ使ってからかと思っていたのでビックリです。確かにあの坂路時計は仕上がり早じゃないとだせないけど・・。ゲートも普通に出たし出足も付いていたし良いレースでした。戸崎騎手の言うようにあのレース振りだともう少し距離も大丈夫そう。メサルティムに続いて2頭目の牝馬勝ち。早く勝ち上がってくれたので来年の牝馬クラシック戦線は少し楽しめるか???

ジーナスイート 現状

ジーナスイートの近況はこちらです。

ノーザンファームしがらき

2017年6月23日

現在の馬体重は470㎏。

この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始。

早いところをやると少し飼い葉食いが悪くなるので

気をつけて進めているようです。

 

でも馬体重は維持しているので体力が付いて

余裕が出てくれば飼い葉食いも良くなるかも?とのこと。

 

少しチャカチャカするところはあるけど

手が掛かると言うほどでは無いので今の感じで

進めれば心配なさそう。

2017年6月30日

この中間も坂路でハロン15秒の調教をしていますが

少し飼い葉食いが落ちてきたので状態を見ながら進めています。

胃潰瘍の症状も若干窺えるので、体調面をしっかりケアしながら

入厩に備えていきたいと思います。

馬体重は470㎏です。

2017年7月7日

この中間も坂路でハロン15秒の調教を行っています。

まだ馬体に芯がが入っていないものの本数を重ねていくにつれて

動きは良くなってきています。

ステイゴールド産駒の牝馬が見せる繊細な面があるものの

素直で大人しい馬なので、ここまで特に手が掛かることもありません。

このまま入厩に向けて乗り込みを強化していきたいと思います。

馬体重は472㎏です。

2017年7月14日

この中間も週に2回坂路でハロン15秒の調教を行っています。

まだ馬体に緩さは残るものの、だいぶブレずに登坂してくれています。

馬体が良くなるのはもう少し先になりそうですが

乗り味の良い馬なので、入厩の声がかかるまでしっかり乗りこんで

鍛えていきたいと思います。

馬体重は474㎏です。

2017年7月21日

この中間も週に2回のペースでハロン15秒の調教をしています。

少しずつしっかりしてきていますし体力も付いてきました。

暑さの影響を受けること無く良い状態を保っています。

飼い葉食いも悪くなることはありません。

このまま入厩に備えながら状態を維持していきたいと思います。

馬体重は477㎏です。

2017年7月28日

引き続き坂路で週2回ハロン15秒の調教を継続的に行っています。

本数を重ねるごとにしっかり登坂出来るようになってきました。

緩さはあるものの、こちらに入場したときと比較すると成長が窺えます。

体調面も飼い葉食いが安定していることで大きな変動はありませんし

しっかり調整出来るのは良いことだと思います。

馬体重は475キロです。

2017年8月4日

この中間も坂路でハロン15秒の調教を継続していますが、暑さの影響は見られないものの、体調面には気をつけて進めています。

すこぶる状態は良いですし、動きそのものもだいぶしっかり走ってくれるようになっているので、時間をかけて良くなっているのは確かです。

3歳未勝利馬の兼ね合いもあると思うので、オーバーワークにならないように気をつけながら態勢を整えておきます。

馬体重は474㎏です。

2017年8月11日

この中間も坂路でハロン15秒の調教を週2回のペースで行っています。

馬体は引き締まってきましたし、動きも良くなってきています。

矢作調教師から検疫が周り次第入厩させたいと連絡を頂いています。

ここまで時間をかけて調整してきたことで、緩かった馬体もしっかりしてきましたから、あとはトレセンで進めていけば更に良い体付きになってくるでしょう。

馬体重は470㎏です。

2017年8月18日

今週の入厩に備え、週に2回坂路でハロン15秒の調教を継続していたのですが、今週初めに左前を挫跖してしまいました。

程度自体は軽いものの、このまま入厩させて進めていくのは馬にとって負担がかかるので、少し待ってもらうことにしました。

ここまで順調に来ていただけに残念で仕方ありませんが、現在は厩舎内で引き運動の調整を行っているので、痛みが落ち着き次第、調教を再開し、再び入厩に備えていきたいと思います。

馬体重は480㎏です

2017年8月25日

蹄鉄を外して状態を見ていましたが、幸いにも挫跖の症状はすぐ落ち着いてくれましたので、今週から調教を再開しています。

完全に休ませることはなかったので、馬体はそこまで緩んでいませんし、体調もいい状態を保っていますから、このまま入厩に向けて乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は476㎏です。

2017年9月1日

調教を再開後も挫跖をしたところは気になりませんし、獣医師に診てもらってもこのまま進めても問題ないとのことでしたので、今週から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。調教をすぐに再開出来たことで、馬体は緩むことはありませんでしたから、このまま入厩に向けて乗りこんでいきたいと思います。馬体重は480㎏です。

2017年9月8日

先週から坂路でハロン15秒の調教を開始していますが、その後も順調に進めることが出来ています。先日、矢作調教師が状態を確認したところ「挫跖の影響はなさそうですね。ただ、痛みがぶり返すことがたまにあるので、その点には気を付けて進めてください。もう少し今の調教メニューで時間を掛けて進めてください」と仰っていました。調教を再開後は指動脈が張ることもありませんし、熱感もないので、このまま入厩に向けて乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は478kgです。

2017年9月15日

この中間も坂路でハロン15秒の調教を継続していますが、脚元の状態は変わりありませんし、歩様も問題ありません。矢作調教師から慎重に進めるように指示が出ていますが、今の感じなら心配なさそうです。飼い葉食い等も特に問題ありませんので、入厩に備えて乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は479kgです。

2017年11月17日

こちらで状態を確認しましたが、レースの疲れはなさそうですし、体調面も良いですね。強いて言えば飼い葉食いがもう一つなので、馬体がフックラするまで軽めの調整で良化を図っていきたいと思います。馬体重は438kgです。

2017年11月24日

先日、矢作調教師が状態を確認され、変わりがなければ年明けの復帰を目標にして進めてほしいと指示がありました。現在は坂路でハロン17秒の調教を行っていますが、特に状態面は変わりありませんので、徐々にハロンペースを上げて行きたいと考えています。馬体重は442kgです。

・うま吉コメント

むむむ。年明けの復帰を目標と言うことは12月中旬には帰厩するね。新馬戦は逃げて溜めてキレてなかなかのレース。次走も期待。

2017年12月1日

先週末にラスト1ハロン15秒に近いところまでペースを上げてみましたが、楽に登坂していたことから、今週から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。なかなか軽快な走りを見せており、今回の休養がいいリフレッシュになっているようです。気の幼さは残りますが、走りっぷりから相手が強くなってもいい競馬をしてくれそうなので、良い状態で送り出せるように努めていきたいと思います。馬体重は445kgです。

2017年12月8日

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の調教を行っており、調子がグングン上がってきています。先日、矢作調教師が状態を確認したところ、『だいぶ状態が上がってきましたね。年内には戻して、年明けには復帰させたいと思います。出来れば牝馬限定戦の方が良いと思うので、1月7日の中山・フェアリーステークスを本線に考えています』と仰っていました。検疫が回り次第帰厩することになると思いますので、あとは体調をしっかり整えていい状態で送り出せるように努めたいと思います。馬体重は447kgです」

2017年12月15日

騎乗スタッフ「この中間も坂路でハロン15秒を行っていますが、調子は良さそうですし、態勢は整いつつあります。気の悪いところも見せていませんし、こちらではとても充実した日々を過ごしていますので、いい状態で送り出せそうです。帰厩の声が掛かるまでしっかり乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は449kgです」

矢作芳人厩舎

2017年9月21日

入厩した翌日から調教を開始しています。ステイゴールド産駒の牝馬がよく見せるチャカチャカしたところはありますが、調教中は素直ですし、ゲート練習もスムーズに行えています。ゲートの出はまだそこまで速くはありませんが、順調に行けば来週あたりにゲート試験を受けられるのではないかと思っています。牧場でだいぶじっくり乗り込んでもらっていたことで、馬の雰囲気は良いですから、このままどんどん進めていきたいと思います。

2017年9月28日

この中間もゲート練習を中心に調教を進めてきていますが、少しゲートの寄りが悪くなってきてしまっています。普段も自分から悪さをしたりということはないのですが、周りに反応してピリピリしたところを見せる時がありますから、ここは焦らずにじっくりと進めていきたいと考えています。飼い葉はしっかりと食べていますし、体調面に問題はありませんよ。

・うま吉コメント

少しステゴ産駒の悪いところが出てきているか。嫌な思いをしたらその記憶が残ってゲートが苦手になっても困るので慎重に進めて欲しいですね。ゲート試験に合格したら1回しがらきへ戻しそうな雰囲気だな。

2017年10月5日

「じっくり進めてきたことで、ゲートの寄りが良くなり、スッと入ってくれるようになってきました。この調子ならそう遠くない時期にゲート試験を受けることが出来そうです。普段は牝馬らしくカリカリしたところは見せるものの、性格は素直な馬ですし、飼い葉もしっかり食べて体調は良いですね。タイミングを見計らってゲート試験を受けたいと思います」

・うま吉コメント

ジーナスイートの下が父・ゴールドアリュールで募集中なのだが悩んでいる。。。悪くは無いのだがこの一族ってそこまで結果が出せている一族では無いので。。。ジーナスイートは、募集動画を見て雰囲気が良かったから購入したのだが下はそこまでの雰囲気は感じない。デビューした走りで判断しようと思うw

2017年10月11日

矢作芳人調教師「だいぶ入念にゲート練習を積み重ねてきたことで、ゲートの寄り・駐立は問題なく行えるようになりました。早速11日にゲート試験を受けたところ、ゲートの出が併せた馬より見劣ったことで、不合格になってしまいました。確かにひいき目に見ても少し遅く感じましたし、もう少し慣れが必要かもしれません。今回しっかり出したことで、次はもっと反応良く出てくれるようになるでしょうから、馬の状態を見ながらゲート試験の日取りを決めたいと思っています」

・うま吉コメント

まさかのゲート試験不合格orz レッドガーランドの悪夢が蘇る。。。頼むから出遅れるのは試験だけにしておくれよ~。レースを見ていて出遅れが一番切ないからw

2017年10月13日

13日(金)にゲート試験を受けましたが不合格でした。うーんorz

2017年10月19日

「この中間もゲート練習を行っていましたが、寄りが悪かったり、出の反応が鈍い時があったりと、不安なところは見せていましたが、19日にゲート試験を受けたところ、無事合格することが出来ました。上手くタイミングよく受かったところもありますので、デビュー戦までには何度かゲート練習を行っておこうと思います。ピリッとしたところがある馬ですが、飼い葉食いは悪くありませんし、疲れも特に感じませんので、このままデビューに向けて進めていきたいと思います」

2017年10月23日

助 手 10.22栗坂不 58.4- 42.2- 27.2- 13.6 馬なり余力

2017年10月25日

助 手 10.25 栗坂重 54.6- 39.9- 26.0- 12.7 一杯に追う
  ボードウォーク(新馬)強目に0.6秒先行0.2秒遅れ

矢作芳人調教師「先週ゲート試験に合格し、その後も特に変わりなかったことから、このままデビューに向けて進めていくことにしました。25日に坂路で追い切りを行いました。強めは初めてでしたが、その割にはまずまず動いてくれましたね。終いの伸び脚はまだまだこれからだと思いますが、決して走り易い馬場ではなかったので、それを考慮すれば上々の内容でした。具体的な予定はもう少し本数を重ねて動きを確認しないことには何とも言えませんが、次開催の2・3週目あたりには態勢が整うのではないかと考えています。ゲートの出があまり速い方ではないので、距離はマイル以上必要かもしれません」

2017年11月1日

助 手 11. 1栗坂良 51.1- 37.5- 24.7- 12.7 一杯に追う
  ファンタサイズ(古500万)一杯を1.0秒追走0.4秒先着

矢作芳人調教師「来週デビューさせるつもりで進めていましたが、本数を重ねていくにつれて動きが良くなり、1日の坂路での追い切りでは、51秒台と破格の時計が出ました。気持ちの面でもだいぶピリッとしてきており、あまり時間を掛けるより、いい状態のうちに出走させてあげる方が能力を発揮できると判断し、11月4日の東京・芝1,600mでデビューさせることにしました。トップジョッキーからあたってみたところ、戸崎騎手が空いていましたのでお願いしました。気がいいタイプですし、初戦から力を発揮してくれると思うので、仕上がりの良さを活かして良い競馬をしてもらいたいと思います」

2017年11月8日

7日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

矢作芳人調教師「先週はありがとうございました。急遽予定を早めての出走でしたが、馬自身が期待に応えてくれました。抜け出してソラを使う余裕があり、差を詰め寄られるとそこからもう一度脚を伸ばしてくれたので、おそらくどこまで行ってもあのままだったでしょうね。7日にノーザンファームしがらきへ放牧に出しましたが、まだまだこれからの馬ですし、成長を促していけばもっと強い馬に育ってくれるはずです。放牧先で状態を見ながら今後の予定を決めていきたいと思います」

2017年12月21日

矢作芳人調教師「19日に帰厩し、20日から早速坂路調教を開始しています。新馬戦を勝利後は無理せず短期放牧を挟みましたが、ひと息入れたことで更に良くなって戻ってきましたね。今の状態でどこまで通用するのか試してみたい気持ちがあるので、1月7日の中山・フェアリーステークスに出走させたいと思います。ジョッキーは内田博幸騎手にお願いしています」

・うま吉コメント

矢作調教師は現実的なレースを選択して走らせるイメージがある。その師が敢えて格上挑戦でしかも重賞レースへ矛先を向けたことにジーナスイートへの期待をヒシヒシと感じる。デビュー戦がいきなり遠征にも関わらずしっかり勝ちきったジーナスイート。ここも面白い存在になり得るんじゃ無いか?と密かに期待している。そして出走メンバーの中に「ノーザンファーム生産馬」で「クラブ馬」がいなければ更に期待度合いがアップするかなぁ。。うま吉にとって初の重賞レース出走。まずは無事に出走して欲しい。

2017年12月22日

助 手 12.22栗坂良 55.2- 40.4- 26.5- 13.2 馬なり余力

2018年1月3日

助 手 12.28栗坂良 55.1- 39.7- 25.8- 12.8 一杯に追う
  レーヌドブリエ(古1600万)一杯を1.0秒追走クビ先着
 助 手 12.31栗坂良 60.0- 43.4- 27.8- 13.3 馬なり余力
 助 手 1. 3栗坂良 54.2- 39.1- 25.1- 12.3 末強目追う
  アオイテソーロ(古500万)馬なりに0.7秒先行0.2秒先着

矢作芳人調教師「3日に坂路で追い切りました。併せてしっかり時計を出しましたが、最後まで余力十分でしたし、動きとしては申し分ありません。強いてあげるとすれば飼い葉食いがもう一つなので、そのあたりがもう少ししっかり食べてくれるようになればより良い体付きになってくれるのですが・・・。デビュー戦を勝利したように、能力の高さは感じているので、ここでどれだけ良い競馬をしてくれるか楽しみにしています」

担当助手「デビュー戦の時より飼い葉食いはもう一つですが、馬体を見ても寂しく映らないので、今の状態を維持できれば力は発揮できると思います。前回も東京までの輸送をこなしてしっかりと結果を残してくれましたし、輸送は苦にならないタイプだと思います。ここで賞金を加算することが出来ればその後のローテーションが楽になるので、少しでもいい状態で競馬に向かえるように努めていきたいと思います」

ディアジーナの15

父:ステイゴールド

母:ディアジーナ

所属厩舎:栗東・矢作芳人厩舎(予定)

性別:牝

毛色:芦毛

誕生日:2015.03.01

産地:安平町

生産者:ノーザンファーム

 

 

特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー