うま吉の一口馬主奮闘記

シルク・キャロット・レッドで一口馬主として奮闘中。

ロングランメーカー(シルクレーシング)

f:id:menfuku18:20170218170621j:plain

ロングランメーカー 出走情報

2017年8月6日 小倉5R メイクデビュー小倉 芝1800M(12頭立て)

モッサリとゲーとを出て、促しながら8番手辺りを追走。

3コーナー手前から前を窺いに行き、最後の直線で大外に出して

追い出しにかかりましたがジリジリと伸びたものの3着に敗れています。

・ホワイト騎手

ゲート内で少しバタバタしていたのと、ゲートを出て窮屈になったことで

位置取りが少し後ろ目になってしまいました。

道中は少し周りを気にしながら走っていたこともあり

出来るだけ集中させながらじっくり追走しました。

外から捲ってきた馬と一緒に上がっていこうと思いましたが

スッと反応出来ないところがあり。最後の直線でジリジリ脚を伸ばして

差を詰め寄ったもののスムーズさを欠いてしまったために交わすことが出来ませんでした。

競馬を経験して集中して走ってくれるようになれば

良いポジションでレースが出来るようになるでしょうし

長く良い脚を使ってくれる馬なのですぐチャンスが回ってくると思います。

・池江泰寿調教師

ゲートの出がモッサリだったのは仕方ないとして、1コーナー手前でもう少し強気に

位置を取りに行って欲しかったことと、3コーナー手前で外から捲ってきた馬と

同じように上がって行けていれば、もう少し際どい競馬になっていたかも知れません。

早めに仕掛けていかないとスッと反応出来ないところがあるので

その事をジョッキーには伝えていましたが、全てにおいて後手に回ってしまいました。

能力は見せてくれたと思いますし、レースを経験していけば集中して走ってくれるようになるでしょう。

この後は、トレセンに戻って状態を確認した上で決めるつもりですが

この時期に小倉へ2度連れて行くより秋競馬に備える方が馬のためには良いと思っています。

2017年9月23日 阪神3R 2歳未勝利 芝1800M(14頭立て)

何と口取りが当選したので当日は阪神競馬場へ。口取りの待機所近辺で観戦したがスタートと同時に終わってしまう。。。23日の馬場を見ると前残りでは無いものの後ろから直線だけで差し切るという馬場でも無かった。そもそもロングランメーカー自体が切れる脚を使えるタイプでは無いということなので。。。ゲートで躓いたのが痛かった。。

・M.デムーロ騎手

頭を振ってゲートを出たことで、1完歩目が躓いてしまったためにスッと行き脚が付きませんでした。本当なら出たなりの位置で競馬が出来れば良かったのですが、無理に追っ付けて行かずリズムよく追走しました。道中は乗りやすかったですし、最後もジリジリ脚を伸ばしてくれましたが、最初のロスが最後まで響いてしまいました。結果を出すことが出来なかったのは残念ですが、芝の感触は悪くなかったですし、まだ幼いところがある馬なので、経験を積めば走ってくる馬だと思いますよ。次に騎乗する機会があればリベンジしたいですね。

・池江泰寿調教師

上がり勝負になると分が悪くなると思っていたので、本当はもう少しスッと上がって行く競馬が出来れば良かったのですが、スタート直後に躓いてしまったことが最後まで影響してしまいました。最後はジリジリ脚を伸ばしてくれましたが、さすがに上がり33秒台を出されてしまってはどうしようもありません。ミルコ(M.デムーロ騎手)はまだ幼いところがあると言っていましたし、レースを経験していけばもっといい競馬をしてくれるようになるでしょう。この後はトレセンに戻って馬の状態を見て検討したいと思います。

2017年11月11日 京都2R 2歳未勝利 ダート1800M

8枠12番 M.デムーロ騎手で出走。1番人気2着。

好スタートを決めますが、2コーナーを過ぎたあたりで気を抜いた為に促しながらの追走。向正面では気合いをつけながら徐々にポジションを押し上げて行き、最後の直線で一旦は先頭に立ったものの、ゴール手前で勝ち馬に交わされて2着に敗れています。

M.デムーロ騎手「前回ゲートで躓いてしまったので、今回は気を付けて出して行きましたが、スムーズに出ることが出来ました。初めてダートを経験するので、前に馬を付けて砂を被らせてみましたが、特に気にすることはなかったので、そのままの位置でレースを運ぼうと思ったのですが、2コーナーを過ぎたあたりで急に突っ張ってブレーキを掛けました。止めないように気合いをつけて促していくと、徐々にスピードが乗って直線では先頭に立つことが出来ましたが、最後は力尽きてしまいました。跳びが大きな走りをしていることから、ダートは合っていると思うので、チークピーシズなど試して集中力を高める方が良さそうです」

池江泰寿調教師「課題のゲートは上手く対応してくれたものの、1コーナーを過ぎたあたりで気難しいところを見せてしまいましたね。スムーズな競馬ならあっさり勝ち上がっていた内容だけに、残念な結果になってしまいました。検量前に戻ってきた時は息が乱れておらず、ケロッとしていたぐらいなので、全く力を出し切っていませんね。ジョッキーが言っていたように集中させる意味で次走はチークピーシズを着用することを考えています。トレセンに戻って状態を確認したうえで、今後の予定を検討したいと思います」

・うま吉コメント

まーずぶい馬ですね。向こう正面からデムーロが追い通しw 直線向いてエンジン掛かったかと思えば走るのを辞めた??かと思うくらいあっさり交わされて2着。確かに勝ち馬は追い出しを待つ余裕があったので負けるだろうとは思っていたが力を出し切っていないのであれば何とかして欲しかった。。。ダメージはそれほど無いのだろうから続戦で行ってもらうとして気性の成長待ちをする意味でも早く1つ勝って欲しい。

2017年12月2日 阪神2R 2歳未勝利 ダート1800M

1枠1番 M.デムーロ騎手で出走。1番人気3着

まずまずのスタートで位置を取りに行こうとしますが、窮屈なところがあったためにポジションを下げ11番手あたりを追走、向正面あたりから促しながら徐々にポジションを上げて行こうとしますが、なかなかスピードが乗りません。勝負どころから外に出して追い出しにかかると、懸命に脚を伸ばしたものの上位馬に差を詰め寄ることが出来ず、3着でゴールしています。

M.デムーロ騎手「スタートしてすぐ窮屈になったことで、怖がって怯むところがあったために、スッと流れに乗って行くことが出来ませんでした。前走で気の悪いところを見せていたので、今回はチークピーシズを着用してレースに臨みましたが、それでもズブかったですね。流れが速くなったあたりで、外に出して仕掛けて行きましたが、最後まで頑張ってくれたものの、捉え切るところまで差を詰められませんでした。内枠で自分のリズムで競馬が出来なかったのが可哀そうでしたね」

池江泰寿調教師「ズブいところがありますが、最後までよく頑張ってくれていると思います。今回は最内枠が仇となって窮屈なところもありましたし、砂を被って頭を振るところも窺えたので、ノビノビ走れなかったことに尽きますね。差してくる馬にはかなり厳しい条件だったと思いますし、大外を回してよく3着まで来てくれました。枠順次第で結果も違ってくると思うので、条件が嵌れば勝ち負けしてくれるはずです。この後はトレセンに戻って状態を確認してから検討させていただきます」

・うま吉コメント

ロングランメーカーでは2度目となる口取りが当選したため阪神競馬場へ。正直、枠順が発表になった時点(1枠1番)で嫌な予感はしていたが予想通りの結果となった。まあこれも競馬なので仕方ないか。netkeiba.comではやれ去勢しろだのもうこの馬は終わりだの色々書かれているが僕的にはまあ取りあえず1つ勝ってからかな?と思っている。気性的な問題は、元々が悪いとどうにもならないがこの馬の場合は何かがかみ合ったら問題ないんじゃ無いかなぁって思ったりもする。あとはデムーロ騎手よりも前に行けて追える日本人ジョッキー(例えば和田騎手とか川田騎手とか)の方が合っているかなぁって感じもします。この後は、出来れば続戦して欲しいけど状態をしっかり見て良い方向へ向かうように進めて欲しいです。

2017年12月28日 阪神1R 2歳未勝利 ダート1800M

5枠9番 川田将雅騎手で出走。2番人気2着

まずまずのスタートを決めると押っ付けながら5番手あたりを追走、勝負どころから先頭に並び掛け、最後の直線で追い出しにかかると、一旦は抜け出したものの、気難しいところを見せた為に2着でゴールしています。

川田将雅騎手「一完歩目はそこまで速くありませんでしたが、押っ付けていくとスッと上がって行くことが出来たので、揉まれない位置でレースを運ぶことが出来ました。勝負どころでは手応え抜群でしたので、勝ちにいく競馬をしましたが、抜け出した途端急に突っ張って走るのを止めようとしました。外から交わされるともう一度気持ちを見せてくれたので、盛り返すことが出来ましたが、一旦ブレーキを掛けたことで差し切るところまでいきませんでした。気難しいところがあるのは分かっていたので、心掛けていたつもりですが、これまでと違って早めに抜け出したことで気を抜いてしまったのかもしれません」

池江泰寿調教師「調教では集中力を欠くことはありませんし、今回はチークピーシズを外して川田騎手に確認してもらいました。前半はいいポジションに取り付けて、なるべくスムーズにレースを運んでもらうように伝えていましたが、その通りの競馬をしてくれたと思います。最後の直線で抜け出すと気難しいところを見せてしまいましたが、ソラを使ったものだと思いますし、レース内容としては悪くありませんでしたので、次に繋がるレースが出来たと思います。この後はこれまでの疲れを取る為に放牧に出す予定ですが、年末年始は検疫がない為に数日間はトレセンで軽めの調整を行っておきます」

ロングランメーカー 現状

ロングランメーカーの近況はこちらです。

ノーザンファームしがらき

2017年6月16日

現在の馬体重は540㎏。

ロングランメーカーは、既に入厩済みで

ゲート試験も合格済み。

 

ゲート試験に合格してからリフレッシュ放牧に

ノーザンファームしがらきへ。

 

しがらき到着直後は少し疲れがあったようですが

すぐに元気を取り戻して周回コースで調教を開始しています。

 

状態を確認した池江泰寿調教師が

このまま順調に進めることが出来る様なら

7月中に帰厩させて8月6日小倉芝1800Mでデビュー予定。

 

順調に進んで欲しい。

2017年6月23日

周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒。

疲れも完全に取れ、調教も順調に行えているので

この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始。

 

動きはまだこれからという感じですが、本数を重ねることでピリッとしてくるでしょう。

予定しているレースまではもう少し時間があるので

帰厩に向けて乗り込みを強化します。

馬体重は549㎏です。

2017年6月28日

助 手5.21栗坂良 59.1- 43.7- 29.3- 14.7 馬なり余力
  ダノンチェリー馬なりに同入
助 手5.28栗坂良 60.0- 43.9- 29.2- 14.5 馬なり余力
  ダノンチェリー馬なりに0.1秒遅れ
助 手6. 4栗坂良 60.5- 44.2- 29.2- 14.7 馬なり余力
助 手6. 7栗E良 14.1 ゲートなり

2017年6月30日

この中間も坂路でハロン15秒の調教をしています。

最後まで息づかいが乱れること無く余裕を持って登坂出来ています。

2~3週間後に帰厩する事になると思うので

このまま乗り込みを強化し、動きもピリッとさせていきたいですね。

馬体重は548㎏です。

2017年7月7日

かなり蒸し暑くなってきましたが気候の変化にも対応してくれています。

引き続き坂路でハロン15秒の調教を行っていますが

最後まで余裕をもって登坂してくれるようになりました。

来週には帰厩することになると思いますが良い状態で送り出せそうです。

馬体重は543㎏です。

2017年8月18日

蹄の状態が少し悪くなっていたので、装蹄師に削蹄してもらって良化を図りました。

今朝はウォーキングマシンで運動し、週末から調教を再開する予定です。

池江調教師は順調に進めることが出来れば間隔を空けずに使っていきたいと

仰っていましたので来週からピッチを上げていく予定です。

馬体重は533㎏です

2017年8月25日

蹄の状態は削蹄してもらったことで全く問題ありませんし、調教に関しても今週から坂路調教を開始し、徐々にハロンペースを上げている段階です。

池江調教師から9月の阪神3週目か4週目の芝1800Mあたりで復帰させたいと聞いていますので、帰厩に向けてピッチを上げていきたいと思います。馬体重は549㎏です。

2017年9月1日

帰厩に備えてこの中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しました。池江調教師から近日中に帰厩させ、順調に仕上がるようであれば9月23日の阪神芝1800Mで復帰させたいと連絡がありました。ここまで順調に進められることが出来ているので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えておこうと思います。馬体重は551㎏です。

2017年10月6日

「先週一杯は軽めの運動で様子を見ていましたが、背腰に軽い疲れがあるぐらいでしたので、今週から坂路で調教を開始しています。現在はハロン17~18秒のキャンターを行っていますが、思いのほか感触は悪くありませんでしたし、このまま徐々にハロンペースを上げていけそうです。おそらく短期で戻ることになると思いますので、このまま態勢を整えながら乗り込んでいきます。馬体重は529kgです」

・うま吉コメント

人気厩舎の宿命なんでしょうね。外厩で仕上げてパッと使ってまた外厩。まあ、仕方ないです。ダートだといつでも勝てると思って油断しているとちょっと怪我をして休養しないといけなくなるとかもあるので勝てる内に1つ勝って欲しいけどねぇ。。

2017年10月13日

だいぶ元気の良さが走る方に向いてきており、坂路での行きっぷりがかなり良くなってきました。週末から坂路でハロン15秒の調教を開始し、このまま帰厩に向けてピッチを上げていきたいと思います。具体的な予定は決まっていませんが、態勢が整い次第帰厩させたいと池江調教師が仰っていましたので、態勢を整えていきます。馬体重は551kgです。

・うま吉コメント

まあ、入厩したら3週目には使うんだろうから来週辺りには戻るのかな。エライ馬体重が増えていっているのが気になるがw やっぱりダート馬なんかな。

2017年10月20日

先週末から坂路でハロン15秒の調教を開始し、今週から週に2回にしてピッチを上げています。今朝、池江泰寿調教師が状態を確認したところ、『良い動きで登坂していましたね。来週の検疫が回ればそこで帰厩させ、11月の京都開催で復帰させたいと思います』と仰っていました。週末にもう1本速いところを行って態勢を整えておこうと思います。いい状態で送り出せそうです。馬体重は557kgです

栗東・池江泰寿厩舎

2017年7月13日

12日に帰厩しました。

ゲート試験に合格後は放牧先で疲れを取ってもらい

じっくり立て直してもらいました。

これからデビュー戦に向けて仕上げに入っていきたいと思います。

順調に仕上がるようであれば、8月6日の小倉芝1800Mに向かう予定です。

2017年7月20日

CWコースで追い切り。長めからしっかり行うのは初めてでしたが

追い出しに掛かると最後までしっかり動いてくれました。

1本目としては上々の内容でしたし、本数を重ねていけば更に良くなりそうです。

8月6日の小倉芝1800mでデビューさせようと思っているので

このままピッチを上げて調整していきたいと思います。

ジョッキーはホワイト騎手にお願いしています。

2017年7月24日

助 手 7.23栗坂不 56.9- 41.2- 26.4- 13.1 馬なり余力

  シャルドネゴールド(新馬)馬なりに同入

2017年7月26日

ホワイ 7.26CW良 83.1- 66.9- 51.4- 37.9- 12.2[7]一杯に追う   

ユイフィーユ(古500万)一杯の外に0.4秒先行0.2秒先着

26日にCWコースで追い切りました。

レースで騎乗予定のホワイト騎手に感触を確かめてもらいましたが

先行して直線に入って併せにかかっても交わされることなく

しっかり脚を伸ばしてくれました。

先週の段階でもだいぶ動けるようになっているなと

思っていましたが今週はそれ以上に良い動きを見せてくれました。

来週は小倉への移動に備えて反応を確認する程度で

充分だと思いますのであとは体調を整えて良い状態でレースを迎えたいですね。

2017年8月2日

ホワイ 8. 2CW良 53.4- 38.8- 12.2[6]馬なり余力
  ユイフィーユ(古500万)馬なりの内を0.9秒追走0.4秒遅れ

先週、長めからしっかり負荷をかけているので今週は半マイルだけ時計を出しました。

先週は本当に素晴らしい動きを見せてくれましたし、1週前であれだけ動ければ

十分勝ち負けだと思っていましたが、今週は少し動きがモッサリでしたね。

 

ジョッキーに感触を確認したところ、最後まで余力があったし

一杯に追っていればもっと動いていたと思うので気にしなくて良い。

と言っていたので、彼の言葉を信用したいと思います。

気性はとても素直な馬なので、ここまで順調に調整出来ました。

良い仕上がりでデビューを迎えられそうです。

2017年8月9日

ノーザンファームしがらきに放牧に出ました。

小倉からトレセンに戻ってきた後も、特に疲れた様子はありませんでしたが

この後は、秋競馬に備えるために短期放牧に出すことになりました。

早めに一息入れてあげれば立ち上がりも早いでしょうし、初戦のレース内容を見ても

能力の高さは証明してくれましたから、しっかり疲れを取って戻ってきて欲しいと思います。

2017年9月6日

5日(火)に栗東トレセンへ帰厩しています。

助 手 9. 6栗坂良 64.2- 46.7- 30.2- 14.2 馬なり余力

2017年9月7日

松 田 9. 7CW良 83.9- 67.2- 52.0- 38.6- 11.9[6]馬なり余力
  トゥザフロンティア(二500万)強目の内クビ遅れ

・担当助手

6日から調教を開始し、7日にCWコースで時計を出しました。最後まで持ったままの手応えでゴールしていましたし、放牧先でしっかり立て直してもらった効果が窺えます。これだけしっかり動けていれば、すぐ態勢が整うと思うので、予定している9月23日の阪神・芝1,800mを目標に進めていきたいと思います。ジョッキーはデムーロ騎手にお願いしています。

また、レッドジョルトと同じ日に出走する予定。今度はレースが違うけど何か引き合ってるなぁ。1Rでジョルトが良いレースをしてくれればロングランメーカーも良い感じになるんじゃ無いかと妄想中w

2017年9月11日

助 手 9.10栗坂良 56.2- 41.6- 26.6- 12.6 馬なり余力

2017年9月13日

助 手 9.12 栗坂重 63.8- 46.1- 29.9- 14.4 馬なり余力
助 手 9.13 CW稍 81.9- 66.6- 52.5- 38.6- 12.5 [6] 一杯に追う

トーセンブレイヴ(新馬)一杯の外同入

池江泰寿調教師「レース1週前なので、CWコースで長めから併せて時計を出しました。放牧先でじっくり乗り込んでもらっていたことで、中身はしっかり出来ていますし、あとは週末と来週の追い切りで態勢が整うでしょう」

2017年9月19日

助 手 9.17栗坂重 57.2- 41.1- 26.1- 12.5 馬なり余力

2017年9月20日

Mデム 9.20 CW良 86.3- 68.5- 53.6- 39.7- 11.9[7]G前気合付
 トーセンブレイヴ(新馬)直強目の外に0.1秒先行4F付クビ遅れ

池江泰寿調教師「20日にCWコースで追い切りました。最後の直線で両サイドに馬を置いて併せました。騎乗したデムーロ騎手は『とても素直で乗り易い馬でした。瞬発力というよりは長くいい脚を使うタイプなので、その点を上手く活かせればと思います』と言っていました。デムーロ騎手も好感触を得たようですし、いい状態でレースに臨めそうですね。この馬の展開になれば持ち味を活かしてくれると思うので、いい結果を期待しています」

2017年9月27日

レース後は大きな問題は見られなかったものの、使ったなりの疲れはありますし、一旦放牧に出してリフレッシュさせることになり、26日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。調教師が牧場での状態を確認しながら、今後の具体的な予定を組んでいくことになると思います。

・うま吉コメント

また放牧かぁ。。。正直、ちょっと太かったと思うしそれほどダメージが無いならもう1回は使って欲しかった。。まあ、人気厩舎の池江泰寿厩舎なので仕方ないか。。

2017年10月25日

池江泰寿調教師「25日に栗東トレセンへ帰厩致しました。先日、放牧先で調教の様子を確認しましたが、動き・馬体の雰囲気はかなり良かったですね。すぐ仕上げに入って行けると思うので、週末あたりから時計を出し始めていきたいと思います。順調に仕上がるようであれば、次開催の京都で復帰させる予定です」

2017年10月26日

助 手 10.26CW稍 57.4- 41.1- 12.0[9]馬なり余力
  テネイシャス(新馬)馬なりの外同入

2017年11月2日

池江泰寿調教師「2日にCWコースで追い切りました。先行し、最後の直線で併せる形を取りましたが、追い出しにかかった時に少しモタモタしていましたね。相手とは力の違いもありますし、モタモタしていた割には、長く脚を伸ばしてくれたので、このひと追いで更に良くなってくると思います。週末に大きめのところを行い、来週の追い切りで態勢が整うと思いますので、11月11日の京都・ダート1,800mをM.デムーロ騎手で予定したいと思います」

2017年11月6日

助 手 11. 5栗坂良 55.7- 40.3- 25.8- 12.5 馬なり余力

2017年11月8日

助 手 11. 8CW良 86.2- 68.7- 54.0- 39.9- 11.9[9]馬なり伸る
  トーセンブレイヴ(二未勝)一杯の外同入

2017年11月15日

池江泰寿調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、特に疲れた様子はありません。レース後、すぐ息が戻っていたぐらいですから、おそらくダメージはないはずです。今週いっぱい馬の状態を見て、それでも変わりないようであれば11月25日の京都・ダート1,800m、もしくは12月2日の阪神・ダート1,800mのいずれかに出走させたいと考えています。どちらもM.デムーロ騎手に空けてもらっています」

・うま吉コメント

次走へ続戦が決まってほっとした。しかもどっちに出走してもデムーロが乗ってくれるとのこと。であれば、勝ちが計算出来る馬と言うことなのだろう。次でキチッと勝ち上がって欲しいですね。

2017年11月23日

池江泰寿調教師「態勢が良ければ今週出走させることも検討していましたが、前走で少し気難しいところを見せていましたし、詰めて出走させると余計に悪い方に出てしまうといけないので、今週は回避し、12月2日の阪神・ダート1,800mをM.デムーロ騎手で向かう予定です。体調・馬体は特に問題ないので、万全の態勢で来週の競馬に臨みたいと思います。週末にサッと時計を出す予定です」

2017年11月30日

助 手 11.29 栗坂良 54.6- 39.4- 25.2- 11.9 末強目追う
  シャルドネゴールド(二500万)馬なりに0.3秒先行0.2秒遅れ

池江泰寿調教師「29日に坂路で追い切りました。前走から中2週ですので、終いを重点的に伸ばすように指示を出していましたが、併せて遅れをとったものの、ラスト1ハロンは12秒を切っているのですから、この馬なりにしっかり動けていたと思います。調教では特に気難しいところは見せませんが、前走は自分からレースを止めようとしていただけに、そのあたりが気になるところです。ジョッキーからチークピーシズを試してみてはどうかとレース後に進言があったことから、今回着用することを考えていますが、初めて砂を被って嫌がったところもあったと思うので、レース当日まで検討したいと思います」

・うま吉コメント

またまた口取りが当たりました!ロングランメーカーは2回申し込んで2回とも当たり!Targetで色々データを調べているとここはさすがに負けちゃあダメなレース。しっかり勝って次に繋げていって欲しい。

2017年12月6日

池江泰寿調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、特に疲れた様子は見せていませんし、体調も変わりありません。ズブさがあるものの、レース内容としてはだいぶ良くなってきていますし、間隔を空けて出走させるよりは、詰めてレースを教えていく方がこの馬には合っていると思うので、このまま続戦させることにしました。今週いっぱいはレースの疲れをしっかり取って、12月28日の阪神・ダート1,800mを目標に調整していく予定です」

・うま吉コメント

驚きの続戦。池江厩舎はリーディングもかかっているからその辺りもあるのかな。12月28日のダート1800Mに出走なのでデムーロがホープフルSに騎乗するため乗り替わりは確定。誰が乗るのか?楽しみです。平日で口取りの倍率も落ちるだろうからもう一度申し込んでみるつもり。

2017年12月14日

池江泰寿調教師「予定しているレースは変則日程なので、逆算して仕上げに入っていこうと思います。坂路で調整していますが、いい状態を保っていますし、ここまで続戦している疲れは見られません。M.デムーロ騎手が中山で騎乗することになった為に川田騎手にお願いしましたが、ゲートからしっかり出してくれるジョッキーでもありますので、この馬には合っていると思います」

・うま吉コメント

デムーロより川田騎手の方がこの馬には合っている気がする。もっというと和田騎手でも良いくらい。和田騎手にガシガシ追ってスタートしてから前目で競馬することを覚えさせて欲しいわw 今度は内枠じゃ無くて外目の枠で小頭数が良いな~。

2017年12月21日

池江泰寿調教師「20日に坂路で追い切りました。馬体は仕上がっているので、坂路で無理しない程度に併せて行いました。動きを見る限りいい出来を保っていますし、状態も変わりありません。調教では慣れてしまうといけないのでチークピーシズを着用していませんが、レースほどズブいところは見せていないので、あとはレースに行ってどれだけ流れに乗れるかどうかに尽きますね。今回は川田騎手に手が替わり、しっかり押っ付けていくジョッキーでもありますので、この馬とは手が合うと思います。何とか勝ち上がっていい形で来年を迎えたいですね」

2018年1月3日

担当助手「レースを終えた直後は特に気にならなかったのですが、トレセンに戻って改めて状態を確認したところ、右前膝に腫れと熱感がありました。すぐに獣医師に診てもらったところ、橈骨遠位端と橈側手根骨に骨片が確認されました。獣医師は今後の為に骨片摘出手術をした方が良いと仰っていましたので、牧場サイドと相談してからトレセンで手術を行うか、北海道に戻してオペを行うのか検討することになっています。だいぶレース内容が安定してきていただけに申し訳ない気持ちで一杯ですが、早期復帰を目指して牧場サイドと連携を取っていきたいと思います」

ミュージカルウェイの15

父:エンパイアメーカー

母:ミュージカルウェイ

所属厩舎:栗東・池江泰寿厩舎

性別:牡

毛色:鹿毛

誕生日:2015.02.12

産地:安平町

生産者:ノーザンファーム

 

 

 

特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー