うま吉の一口馬主奮闘記

シルク・キャロット・レッドで一口馬主として奮闘中。

クナルゲニアール(シルクレーシング)

スポンサーリンク

f:id:menfuku18:20170309154433j:plain

クナルゲニアール 出走情報

出走が確定したりレース結果が分かりましたら

こちらを更新していきます。

クナルゲニアール 現状

クナルゲニアールの近況はこちらです。

ノーザンファーム空港

2017年6月15日

引き続き坂路での乗り込みをしていたようですが

脚元に疲れが出たのでペースダウンして運動しています。

 

焦って進めてさらに悪化してもダメなので

良化するまでは状態第一で軽めの調整を続けるようです。

 

まだ馬体はトモ高な体型をしているようなので

これが成長を促す良い機会となるように調整していって欲しいです。

馬体重:530㎏

2017年7月3日

引き続きマシンでの調整もしていますがリフレッシュの効果で

脚元の疲れが取れてきたのでこの中間から乗り運動を再開。

馬体は先月に比べて、ややキ甲が伸びて全体的に大人びてきましたが

まだトモ高な体型なのでこれからも背が伸びてきそうです。

 

まだまだ馬体が示すように成長途上でしっかりしてくるので先だと思うので

体の成長に合わせた調教を行っていきます。

馬体重は533㎏です。

2017年7月18日

週1回屋内坂路コースでハロン16秒から17秒のキャンター1本。

週3回周回コースで軽めのキャンター1200m~1600m。

残りの日はウォーキングマシン。

 

この中間もすこぶる順調です。

熱い中でも疲れを見せずに運動出来ているので

坂路のペースを上げ、さらに周回コースに入る日数と

距離を増やした調教を行っています。

まだ成長途上の体つきなのでいきなり実践的な調教に移行することは出来ませんが

先週はハロン18秒、今週はハロン16秒とペースアップに対応出来ている

最近の充実振りを見ると、今後は質・量ともに負荷を高めていけそうです。

このまま順調に調教出来れば、北海道開催の終わり頃に

ゲート試験を受けることが出来るかも知れません。

馬体重は536㎏です。

2017年8月1日

週3回屋内坂路コースでハロン16秒~17秒のキャンター1本。

週2回周回コースで軽めのキャンター1600m、残りの日は軽めの調整。

その後も体調面に問題は無いことから、この中間より坂路の登坂回数を週3回に増やして調教の負荷を強めています。

リフレッシュを挟む前と比べて馬のバランスが良くなってきたことで、段々と歩様がしっかりとしてきましたね。

今の感じなら坂路の登坂回数を1日2回に増やして、さらにペースアップ出来そうです。

ただ、基本的に前進気勢が強く坂路で抑えようとすると苦労する部分がありますので、しっかりとコンタクトを取って走れるように教えていきたいです。

馬体重は535㎏です。

2017年8月16日

週3回屋内坂路コースでハロン15秒から17秒のキャンター1~2本。

残りの日は軽めの調整。

この中間からハロン15秒までペースを上げ、さらに日によって2本登坂する日を設けて、負荷を強めた運動を行っています。

ペースアップ後も脚元も含めて疲れが出ること無く、継続して乗り運動を行っても馬体に不安が出ることはありません。

乗りこむにつれて段々とハミ受けが良くなり、キャンターも乗りやすくなってきています。

この調子でトレーニングを続けていき、秋移動を目指して体力強化を図っていきたいと思います。

馬体重は539㎏です。

2017年9月1日

その後も順調に乗りこめており、ハロン15秒ペースでも手応え良く登坂出来ていたことから、この中間からハロン14秒まで脚を伸ばしています。より負荷の強いメニューを課していますが、変わらずグイグイと前向きな走りを見せてくれていますし、さらにペースを上げていっても対応してくれそうで頼もしい限りですね。馬体重は538㎏です。

2017年9月8日

この中間も先週と同様のメニューで乗り込んでいます。毛艶は相変わらず良好でいいボディコンディションを保てていますし、ここまで乗り込んできた効果から馬体のラインが段々とシャープになってきた印象です。引き続き、移動を目標に乗り込んでいきたいと思います。

2017年9月15日

この中間も順調に乗り込んでいます。坂路では騎乗者としっかりコンタクトを取って走ることに重点を置いてトレーニングしていますが、ゆったりとしたペースでもだいぶ我慢しながら走れるようになってきましたね。飼い葉をしっかりと食べ、体調面も良好ですよ。

2017年9月22日

ここまで順調に乗り込めていることから、この中間から坂路のペースをハロン13秒まで上げています。ペースアップ後もまずまず対応してくれていますし、このペースでの調教をコンスタントにこなしていけば移動の目途も立ってくると思うので、この調子で進めていければと思います。

カリの15

父:ハーツクライ

母:カリ

所属厩舎:栗東・藤原英昭厩舎(予定)

性別:牡

毛色:青鹿毛

誕生日:2015.03.07

産地:安平町

生産者:ノーザンファーム