うま吉の一口馬主奮闘記

シルク・キャロット・レッドで一口馬主として奮闘中。

キャロット2019募集馬考察(Part2)

f:id:menfuku18:20170222113538p:plain

 

昨日キャロットの募集馬動画が公開された。

まず1回目は通常速度で見て感じた事をTargetにメモ。

 

そして2回目は動画の速度を0.7倍速にしてジックリと見てから感じた事をTargetにメモ。

 

以前は、等倍は見ずに0.7倍速だけを何度も見ていたのだが

パドックを見るときは等倍しか無いわけでw

何となく等倍で見るクセを付けようと去年から等倍でも見るようになった。

 

で、現在のところ「◎(本命)」が6頭。

ただ、価格の事情(17万5千円が2頭)で

この2頭は出資するとしてもどちらか1頭。

で、本命に入れている牝馬(3頭)はほぼ確定。

抽選になっても申し込む。

 

次に「○(対抗)」対抗の馬は、本命に入れている馬が

抽選でどうやっても取れないだろう!ってなった場合に

対抗に入れている馬との途中経過票や価格を元に

本命と入れ替える可能性を秘めている馬達。

 

ここが全部で10頭いる。牡馬が6頭で牝馬が4頭。

牝馬は狙っている6万から9万のゾーンが3頭。1頭だけ10万超え。

牡馬もほぼ狙っているゾーンを残していて

6万から9万が4頭で10万以上が2頭。

ココの馬達は申込み口数の途中経過で流動的。

 

そして「▲(単穴)」単穴の馬は、本命対抗に入れている馬が

ちょっと厳しいかなぁって感じたときに入れ込む馬で5頭チョイス。

牡馬2頭に牝馬3頭で牡馬は6万から9万ゾーンで

牝馬は3万から5万ゾーン。

よって本命対抗の抽選状況ではこちらを優先する場合もあり。

 

最後に「次点」次点の馬は、2次募集まで残っていれば検討する馬。

正直、2次募集に何頭残るか?という懸念はあるが。。。

牡馬・牝馬ともに2頭ずつチョイス。

牡馬は6万から9万、牝馬は3万から5万のチョイスは変わらず。

1次抽選の結果次第ではこちらの馬を取りに行く。

 

で、最後にちょーーーーーー悩んでいるのが

ピンクアリエスの18メサルティムの下なので。。。

クロウエア(ピンクアリエスの16)は申し込もうと思ったときには

既に売り切れていて・・・。

 

正直、忘れとったんよねぇw

ピンクアリエスの16がメサルティムの下だってことをw

で、今年は!って思っていたのだが。。。

 

正直、動画を見た感じがパッとしない。

クロウエアの時は、立ち姿が小さいが悪くない。

後ろから見た感じも少し華奢だが悪くないので一応候補。と

Targetを見ると書いてある。。。。

 

しかもメサルティムより安い2万5千円(1000万)だったので

何で申し込まなかったかなぁ。。。。

と、去年後悔したので悩んでるんだわ。。。

どーすっかなぁ。

 

(追伸)

しっかしキャロットって母馬優先がスゴいんだねぇ。。

87頭の募集で50頭が母馬優先なんて。。

 

 

 

特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー